ニキビ跡が治らない原因は?

ニキビ跡が治らない原因は?

 

ニキビが治ったと思っても、赤みが中々ひかないニキビ跡に悩まされている人は少なくありません。

 

ニキビ跡として残ってしまう肌の赤みの原因は、ニキビの炎症により血流が悪化しており、毛細血管に血液が留まっていることで肌が赤くなっているのです。肌質によっては消えにくい傾向にある方もいますが、通常ならば2〜3ヶ月で消えると言われています。

 

しかし、数ヶ月経ってもニキビ跡の赤みが治らないとう場合、肌のターンオーバーが乱れているかもしれません。

 

ターンオーバーに大きく関係している要素の一つが睡眠です。ターンオーバーで肌を再生させるためには、睡眠時に分泌される成長ホルモンが必要不可欠となります。そして、成長ホルモンを分泌させるためには、お肌のゴールデンタイムと呼ばれている22時から深夜2時の間に睡眠をとっておく必要があるのです。

 

この時間に眠っていなければ、当然のことながら成長ホルモンは分泌されず、ターンオーバーが正常に作用しなくなってしまいます。そうすれば、肌の生まれ変わりも再生能力も衰えてしまい、ニキビ跡も残ったままになってしまうのです。そのため、リプロスキンというニキビ跡専門の化粧水では、リプロスキンニキビ跡でけっこうアクセスがあるお勧めの化粧品です。

 

ターンオーバーを促す栄養素を積極的に摂取することも大切ですが、しっかりと睡眠をとるということがポイントになります。

 

ニキビ跡を防ぐという意味では、

 

・リプロスキンのニキビ専用化粧水を利用する
・ターンオーバーを促すようなしっかりとした保湿
・睡眠をしっかりと取って肌の再生を促す

 

このようなポイントを守ることがニキビ跡には非常に効果的です!

 

さらに、ニキビにならないためには脱毛で毛穴を小さくしてしまうのもポイントです。ニキビは毛穴にアクネ菌が入ってしまうことで起こるので毛穴を小さくすればアクネ菌がたまりにくくなります。キレイモは『全身脱毛京都安い』と言われており、全身脱毛を京都でやるなら一押しのエステサロンです。

 

 

肌の新陳代謝(ターンオーバー)を高める・促進するには?

 

一見毎日対して変わりのない肌ですが、実際にはターンオーバーといって常に新しい肌へと生まれ変わる機能が備わっています。

 

日に焼けた肌が、いつの間にか白さを取り戻すのはターンオーバーによって肌が生まれ変わっている証拠なのです。ターンオーバーが高まることで、シミやそばかすを解消する事につながりますし、生まれたての肌の美しさを維持することが出来るようになります。

 

ターンオーバーは生命にすぐさま影響を及ぼさない部分の働きですので、栄養不足などでエネルギーが足らなくなると省エネモードになってしまいやすい働きです。

 

ダイエットをなどを行い栄養不足が起こると真っ先に肌荒れが起こってしまうのはそのせいです。

 

体の機能が全てしっかり働けると事がターンオーバーには大切なので、バランスの良い食事で栄養補給することをはじめ、十分な睡眠、適度な運動、ストレスを溜めない生活と言った健康的な生活が基本として重要になってきます。

 

そしてビタミンCや美容成分でおなじみのプラセンタはターンオーバーを促進させる効果があるとされ、積極的に摂取したい成分ですね。正しい洗顔方法で古い角質を洗い流し、皮脂のバランスを整えて新しい肌が生まれてきやすい環境を作り上げるのも大切です。

更新履歴